sublog18websaitoのsub的なblogというポジション。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
まだ投稿できるかテスト 16:10
iPhoneから

さいとうとしや
| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by さいとう
一週間ぶり 13:57
200507091101.jpg
降るんだか降らないんだかはっきりしない空模様に、午後からの保谷への自転車行を止めて、午前中だけ荒川に走りに行った。一週間ぶりの割りには、足が軽い。朝霞水門まではあっという間だったが、またしてもその手前から土手上に登る道を見逃す。下の道だと、わずかだが砂利道がある。足というか身体が軽いのはこのところ深酒をしていないからかもしれない。この調子なら熊谷までだって行けそうな気がしたが、残念ながら時間切れ。明日も天気が持ってくれれば、昼過ぎまでは自転車に乗れるのだが。 そういえば戸田橋辺りの車止めでF55とすれ違ったが、挨拶する間もなく彼は行ってしまったのだった。
| 自転車 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by さいとう
天明の仕込み水 11:29
200506292308.jpg
「天明」が旨い、会津の蔵元曙酒造の鈴木さんご夫妻が彬に来られたらしい。
仕込み水が置いてあった。
おいしい水でした。
| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by さいとう
本家再興 15:21
本家websaitoがサーバダウンで停止してほぼひと月。
更地から復興をはじめます。
ここに、掘っ立て小屋がようやく建ちました。
自分でMovableTypeを設置するって、大変ですねえ。
というより、ドメインを取って、レンタルサーバと契約して
MovableTypeを持ってきて稼働させるって、
おぢちゃんにはとても気の遠くなるような作業でした。
小屋の中にはまだ小さなイスとテーブルがあるくらいで、
なんのおもてなしもできませんが、よろしければおいで下さい。
| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by さいとう
あさあら 08:59
200506260646.jpg
未明に目が覚めた。暑くなる前に自転車に乗っておこうと思い、荒川に出た。
早朝だというのに、荒川CRには人があふれていた。
散歩の人、サッカーや野球に来た人、ゴルフカートをひいてコースに向かう人。
もちろん自転車の人も。
なんだか、すごくからだが重たくて、調子が出ないまま秋が瀬橋を過ぎた。
その先でラジコングライダーを飛ばしているのを見学しながら小休止すると
その後調子が出てきた。
羽根倉橋で折り返し、戻りは30キロ台で走った。

取り換えたサドルが良いのか、20年ぶりに買ったレーサーパンツのパッドの進化の恩恵なのか
お尻はまったく痛くならずであった。
しかしながら、おぢさんの体力は一進一退である。
これからの朝寝がきっと気持ちいいだろう。

走行距離 49.93km
平均速度 22.3km/h
最高速度 42.4km/h


| 自転車 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by さいとう
全生庵の三遊亭 10:10
今年の円朝祭りは、小円朝襲名披露公演。
その2日目を聴きに行こうとしたら、昔の犬仲間2組に出逢い、それぞれしばし歓談。
おかげで、谷中の全生庵に着いた時はすでに開演時間が過ぎていた。
大広間の後ろの空きスペースを探して座る。
王楽を聴きそびれ、小円朝の師匠にあたる三遊亭円橘から聴く。
正月に小三治で聴いた「小言念仏」だった。後半の三味線が入る工夫は面白かった。
で、音が入ったついでにと、締めに謡った都々逸のリズムが合わず、
三味線が追っかけること幾たび。弟子の真打ち昇進に緊張気味だったのかなぁ。
次の好楽は、さらっとやり過ぎるように思いました。薄いねどうも。
ところどころのくすぐりに笑点周辺のことを入れるのも気になった。
鳳楽師匠は、その点、よく搗いた餅みたいな存在感。なんじゃそりゃ。
でも、そんなニュアンス。日暮里サニーホールの独演会ではよく噛むのだが
今回はゼロ。と言いたいけど、最後の下げのところ、
「鮒を買ってきて入れようか」
「それにはおよばねえ、肥えが入ってた」と言うところでとちる。ははは。
円楽師匠は、噺をはじめると、すっと張りと艶が出る。やはり落語家ですねえ。
円生の本で読んだ「中村仲蔵」(だっけ?、資料紛失)を、はじめて聴く。
さすが大師匠、たっぷりと聴かせてもらいました。
が、その頃から、すぐ前に座るおじさんが足がしびれたのか窮屈そうに体を揺り動かし始めるものだから、その度に高座が見えなくなる。こちらも体をずらすのだが、おじさん後ろに眼がついてるかのように、私が動くほうに体を傾けてくれます。終いには、目を閉じて聴いてましたよ。
いちばん面白かったのが笑福亭鶴瓶師匠。関西系はどうもなじまないのだが
この人は別腹かも。学生時代の先生を題材にした創作落語で、
男子高の生徒と教師の関係などが想いだされる噺なのだが、大笑いしながらも
少し涙を流して聴いておりました。鶴瓶師匠、もっと聴いてみたくなりました。
トリの小円朝は、まだ硬い感じかなあ。はじめて聴きましたが、
人物の演じ分けがあいまいという、若手に共通の問題点が彼にも見られた。
暖かく見守ってという鳳楽師匠の口上通り、なまあたたかく見守りたい。
| 落語 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by さいとう
芝川CRは、使えない。 18:37
見沼用水を巡るサイクリングロードが、なんだか気持ち良さげなので
地図をダウンロードしてルートを調べた。
すると、荒川から芝川経由で行けることがわかった。
芝川サイクリングロードというのが、川口グリーンセンター付近の外環道辺りまで
舗装路になっているという。
というわけで、午後3頃に出かけてみた。

結論から先に言うと、芝川サイクリングロードは5段階評価で2くらい。
幹線道路に分断されて連続して走れない。
不労階層(浮浪ではないよ)が狭い道幅いっぱいに
こちらを避けることもなく悠然と散歩なさっている。
犬のフンが散乱している。
わけのわかんないおやじが、ママチャリで挑んでくる。
アベレージが上がらない。
つまり、私は途中で引き返してきた。ずいぶん上流まで上がったはずで、
外環道もまもなくってところまで行ったと思うが、我慢の限界だったのよ。
だから、戻るのは、一般道。数倍快適でありました。
さて、荒川まで戻ってきたけど、走り足りない。
で、右岸の方が走りやすいこともわかり、いつもの右岸に戻って
アベレージ35くらいで戸田橋まで。
明日は雨だって?? きっと、仕事がはかどるであろう。

走行距離 46.24km
平均速度 20.4km/h
最高速度 47.9km/h

| 自転車 | comments(0) | trackbacks(1) | posted by さいとう
| 1/17 | >>